バイナリーオプション海外

FXとロスカット
FXの最大の魅力はレバレッジをかけることによって、少額の資金でしかも短期間で大きな額の取引を行なうことができることだと思います。

当然、レバレッジをあげることによってリスクも一層あがりますが、FXでは強制ロスカットにされることにより、最悪のケースでも自分の資金以上のマイナスを出すとこはありません。

よって、余裕資金で取引を行なえば、大きな利益を上げる可能性があるFXというのは大きな可能性をもった投資手段であると思います。


rwreg
バイナリーオプションで知っておいた方がいいチャート分析


バイナリーオプションの取引を始めようと考えている方にぜひ知っておいていただきたいので、為替相場の「チャート分析」です。ここでは、良い評価がされている24Optionのバイナリーオプションに便利な2つのチャートをご紹介します。

werer
1 トレンドチャート

トレンドチャートは、為替市場の全体の流れを俯瞰するのに適したチャートです。トレンドとは、経年・経期間のことで、一定の期間内の為替の値動きを時系列で並べて把握し、今後相場が上がるのか下がるのか予測するためのチャートです。

2 オシレーターチャート

オシレーターチャートとは、ある通貨が現在買い過剰か売り過剰かの判断をするために使うチャートです。通貨取引の状況を把握するのに使います。

次に、それぞれのチャートのパターン別に分析の方法をご紹介します。

【トレンドチャート】

1.「ろうそく足」

チャートがろうそくの足のような形をしていることからこの名で呼ばれ、トレンド系チャートでは最もよくみられるパターンです。1日間での値変動をあらわしたものが「日足」、1週間での値変動をあらわしたものが「週足」、1月での値変動をあらわしたものが「月足」と、ろうそくの足でその期間にどのくらいの変動があったのかを把握するのに使います。

一目均衡表

時間軸を基本としたチャートで、行スパン・遅行スパン・基準線・転換線の4つの指標がチャート上に示された表です。

単純移動平均線

ある過去の一定の期間の為替レートを平均値化してチャートにあらわしています。他のパターンのチャートと組み合わせて値変動の予測に使います。

ボリンジャーバンド

チャートの中心は「移動平均線」というもので、そこに為替の値動きの標準偏差α値を線状にあらわしたものです。これは、トレンドが転換するタイミングを読み取るのに使います。

RSI

ある通貨が売り過剰、あるいは買い過剰かどうか、為替取引の状況を把握するのにつかいます。指標は0パーセントから100パーセントの間で動き、数値が70パーセントを上回ると売りの好機、30パーセントをきると買いの好機、というような判断に使います。

ストキャスティクス

前述のRSIと同様に通貨の売り買いの状況を把握するのに使います。ストキャスティクスでは指標が先行ライン、遅行ラインという2つのラインであらわされ、この2つのラインが交わるタイミングがトレンドの転換期となり、取引のチャンスとなります。

MACD

短期ラインと長期ラインという2つのラインで構成されているチャートです。2つのラインが交差したときが取引の絶好のタイミングとなります。



All Rights Reserved at バイナリーオプション海外.com